Record collection ""

         わ  back>>

名前

タイトル

曲目

團長の一言

永井 真理子

1992 Live in Yokohama Studium

Disc1-1)ハートをWash! 2)プリティ・ロックン・ロール 3)ミラクル・ガール 4)愛こそみんなの仕事 5)いつも いつでも 6)Chu-chu 7)御飯食べてる? 8)Karma Karma 9)ZUTTO 10)泣きたい日もある 11)Keep on "Keeping on" Disc2-1)Say Hello 2)White communication 〜新しい絆〜 3)Ready steady go! 4)Step step step 5)Slow down kiss 6)私の中の勇気 7)キャッチ・ボール 8)La-.la-la

1)のグルーヴ感はいい。「フェリーボートでお月様見てるの」という詩の部分を、「フェリーポートで」と勘違いして覚えていた。ワシ的には、船から見る月よりも、船に乗り込む前に月を見る方が旅情を感じるんやがなあ・・・。

永井 真理子

Washing

1)Keep on running 2)ワイルドでいこう 3)愛こそみんなの仕事 4)ハートをWash! 5)私の中の勇気 6)こんな人生もありよ 7)夏のはじまり 8)Say Hello 9)ピンクの魚よ 10)揺れているのは

元気はつらつ永井真理子、と思っていたが、それほどでもなかった。聴き込みが足りんのかもしれん。4)は好きだけど。

中島 みゆき

大吟醸

1)空と君のあいだに(シングル・バージョン) 2)悪女 3)あした 4)最後の女神 5)浅い眠り 6)ルージュ 7)誕生 8)時代 9)わかれうた 10)ひとり上手 11)慟哭 12)狼になりたい 13)旅人のうた 14)ファイト!

ラジオのパーソナリティとかやってるときと、歌を歌っているときと、でギャップがありすぎてイマイチ好きになれんのよねー。中島みゆきって。モチロン、歌がスゴイってのは認めるけどね。

長渕 剛

Japan

1)Japan 2)俺の太陽 3)しゃぼん玉 4)炎 5)I love you 6)何ボのもんじゃい! 7)親知らず 8)Bay bridge 9)気張いやんせ 10)シリアス 11)東京青春朝焼物語 12)Mother

紅白歌合戦で7)をドイツからの中継で唄っていたのが印象的。なんでドイツからなんだ? ちょうど湾岸戦争の頃だっけ。詩の内容は政治的だったりする。

浪花ロックシテー

接吻大魔王

1)浪花ロケンロー(Rock'n'roll all nite) 2)浪花ロックシテー(Detroit rock city) 3)らぶがん(Love gun) 4)哀しい女やね(Hard luck woman)

直訳ロックがはやっていたころの一派。これはキッスを直訳大阪弁で唄う、というもの。4)はかなりハマってる。

         わ  back>>


快速旅團とは通信販売御要望掲示板
Record collection團長日誌リンク集

topページ