■このページを閉じる■

團長の鉢巻

鉢巻1

単純な鉢巻ではなく、ここでは結び目の目立たない鉢巻をご紹介しましょう。まずは、適当な太さにたたんで形を整えます(この時点では普通の鉢巻と同じ)。

鉢巻2

後頭部で重なる部分を押さえながら、余った片方を下になる部分にはさみこみます。

鉢巻3

こうすることで、鉢巻というよりも、ヘアバンドと同様のシルエットを生み出します。当然太さ・長さの調節は自在ですので、ゆるく巻いたり、きつく巻いたり、と色々なスタイルが楽しめます。

團長の海賊巻き

海賊巻き1

今日びの若者がしばしば、タオルを頭に巻いておりますが、もとよりあれは手拭ならではのスタイル。ここでは、片方の長さを長くする方法をご紹介いたします。まずは、手拭の中心をずらして額にあてます。このとき、眉にかかるかかからないか、という高さにすることをお勧めします。

海賊巻き2

後頭部で短くなる方を結び、その上から長い方(シッポとなる方)が結び目を隠すように乗せます。

海賊巻き3

片方の長さを長くすることで、バックスタイリングのアクセントとすることを狙っております(当團オリジナル手拭は、オフセットさせた巻き方を推奨するため、ロゴの位置をあらかじめ中心から外したデザインにしております)。

■このページを閉じる■